弦楽四重奏団 ジオカローレ

第13回演奏会

2019/3/3(日)

詳細ページへ→

今回演奏するボロディンの第1番は、化学者で医師でもあった彼が「日曜作曲家」として長い年月をかけて書きあげた曲です。ベートーヴェンの主題を用いた穏やかで美しい旋律、ロシアの民族的な音楽、ハーモニクス奏法を使った独特な世界観など変化に富んだ作品です。有名な第2番に比べると知名度は低いものの、聴きどころの多い一曲です。
メンデルスゾーンの第6番は、姉を亡くした喪失感と虚無感の中で作られました。その悲しみは曲中に激しく溢れ出し、「裕福な家庭のお上品な曲風」というその他の作品とは異なる印象をもたらしています。我々にとっては、11年前の第1回演奏会で演奏した思い出の曲でもあります。当時よりも感情的に、より成熟した音楽をお届けしたいと思います。
日時
2019年3月3日(日)
開場13:30 開演14:00
場所
サルビアホール
(横浜市鶴見区民文化センター)

(JR京浜東北線・鶴見線「鶴見」駅 東口から徒歩2分
京急本線「京急鶴見」駅 西口から徒歩2分)
地図はこちら(Google Map)
入場無料・全席自由(親子席あり)
曲目
メンデルスゾーン
弦楽四重奏曲第6番ヘ短調 Op.80
ボロディン
弦楽四重奏曲第1番イ長調
Felix Mendelssohn
String Quartet No. 6 in F minor, Op. 80
Alexander Borodin
String Quartet No. 1 in A major

第12回演奏会の様子詳細ページへ→

第11回演奏会の様子詳細ページへ→

メンバー紹介詳細ページへ→

1stViolin

辻谷真知子

(つじたにまちこ)
2ndViolin

野中友紀

(のなかゆうき)
Viola

玉城哲平

(たまきてっぺい)
Violoncello

黒羽玄記

(くろばねげんき)